第61回重要刀剣

No.284409

南北朝時代 延文頃 約660年前

刀 備州長船政光 兼光子 乱れ映り鮮やかに立ち華やかに乱れる名品 二尺三寸
¥3,800,000(税込)
極め 無名(長船政光)
登録証 神奈川県 昭和 39 年 9 月 9 日
寸法 刃長 69.8 cm (二尺三寸)・ 1.9 cm ・ 3.2 cm ・ 2.2 cm ・ 4.0 cm ・ 17.4 cm
0.37 cm ・ 0.60 cm ・ 0.45 cm
655 g
備前 時代 南北朝時代
姿 鎬造、庵棟、身幅広く、反りやや深く、中鋒延びる。
板目肌つみ、杢目交じり、地沸微塵につき、乱れ映りたつ。
刃文 互の目に、小互の目・丁子刃・尖り刃交じり、、足・葉よく入り、小沸つき、砂流しかかり、匂口明るい。
帽子 乱れ込んで小丸。
彫物 なし
大磨上、先栗尻、鑢目筋違、目釘孔一。
ハバキ 金着一重。
説明

政光は、長船兼光の子とも伝える名工で、延文二年から応永六年までの年紀作がある。本刀は、身幅広く、重ね薄く、大鋒となる南北朝の体配で、板目肌に杢目交じり、地沸微塵につき、鮮やかに乱れ映り立つ地鉄に、互の目に、丁子刃・尖り刃・箱形の刃・片落ち風の互の目など交じり、変化に富み、兼光で通るような出来栄えとなる傑作である。

お勧め商品

安心サービス