特別保存刀剣

為継 江義弘 刀

No.974442

為継 伝来江義弘 重要候補 金筋頻りに掛り沸匂深い覇気溢れる名刀 二尺三寸四分八厘
¥2,500,000(税込)
極め 為継
登録証 東京都 昭和 31 年 10 月 22 日
寸法 刃長 71.1 cm (二尺三寸四分八厘)・ 1.0 cm ・ 3.2 cm ・ 2.3 cm ・ 3.9 cm ・ 18.9 cm
0.55 cm ・ 0.58 cm ・ 0.43 cm
723 g
越中 時代 南北朝時代
姿 鎬造、庵棟、身幅広く、重ね薄く、先幅広く、中鋒やや延びる。
鉄黒く、板目肌に、流れ肌交り、地沸厚くつき、地景入る。
刃文 のたれて、互の目・丁子刃交じり、湯走り・飛び焼き頻りに掛かり、足・葉頻りに入り、沸深くよくつき、荒めの沸を交え、金筋幾重にも頻りに掛り、砂流し頻りに掛かり、匂深く、匂口明るい。
帽子 直ぐに小丸、先掃きかける。
大磨上、先切、鑢目浅い勝手下り、目釘孔四内二埋。
ハバキ ハバキは金着一重。
説明

義弘は、越中松倉郷に住し、正宗十哲の一人として名高い。貞宗同様に在銘作は皆無で、刃中に沸足がよく働き、地刃が一段と冴えるところに同工の見どころがある。為継は、正宗十哲の筆頭に挙げられる郷義弘の子で、父が早世したため門下の則重に師事したと伝える。延文から応安の年紀作があり、応安二年頃越前から美濃に移り、兼氏・金重らと共に美濃鍛治の源流となった。この刀は、3.2cmと身幅広く、先幅広く、重ね薄く、鋒延びごころとなる南北朝の体配で、板目肌に流れごころ交じり黒みを帯びた地鉄に、地沸が厚く付き、地形入り、湯走り・飛び焼き頻りに掛かり、足・葉頻りに入り、金筋砂流し頻りにかかるなど刃中見事に働き、匂沸深く覇気溢れる傑作である。江義弘で伝来し、特別貴重は、江極めの名刀である。

為継  刀 特別保存刀剣
安心サービス