特別保存刀剣

No.052480

鎌倉末期から南北朝時代初期 約700年前

刀 古三原 刃肉つく健全傑作刀 最上砥 家紋散太刀拵付 重要候補 二尺一寸五分
¥1,600,000(税込)
極め 古三原
登録証 東京都 平成 26 年 6 月 10 日
寸法 刃長 65.1 cm (二尺一寸五分)・ 1.6 cm ・ 3.3 cm ・ 2.2 cm ・ 3.5 cm ・ 13.6 cm
0.69 cm ・ 0.73 cm ・ 0.53 cm
701 g
備後 時代 南北朝時代
姿 鎬造、庵棟、身幅広く、磨上て反り尋常、中鋒延びる。
小板目肌つみ、小杢目交じり、地沸微塵に厚く付き、地景細かく頻りに入り、棒映りたち、鉄明るく冴える。
刃文 中直刃に、ほつれ・食違いかかり、小足よく入り、小沸つき、金筋頻りにかかり、匂口締りごころに明るく冴える。
帽子 直に小丸。
大磨上、先切、鑢目切、目釘孔一。
ハバキ 金着一重。

茶石目地家紋散鞘太刀拵

長さ 99.6cm  反り 4.3㎝

総金具 銅磨地唐草図毛彫金色絵、目貫 家紋図容彫金色絵。 

 

説明

三原派は、鎌倉末期正和頃の正家を祖とすると伝え、室町期にかけて備後国三原の地に栄えた。備後国には大和の諸大寺の荘園があったため、大和物の影響が随所に伺われる。この刀は、身幅広く3.3cmもあり、先幅も広く、中鋒となる堂々とした姿で、中直刃に、ほつれ・食い違いかかり、小足よく入り、小沸よくつき、金筋かかり、匂口締り、明るく冴えた刃を焼き、刃中細かに働き、来国光で通ると思われる出来である。刃肉つき頗る健全で、最上砥が掛けられ、無傷無欠点、重要候補となる傑作刀である。

安心サービス