特別保存刀剣

三善長道 刀

No.151395

初代 陸奥大掾三善長道 近藤勇愛刀 身幅3.2cm金筋幾重にも掛り地刃明るく冴え渡る会津虎徹傑作 ニ尺三寸
¥2,600,000(税込)
銘表 陸奥大掾三善長道
登録証 大阪府 昭和 43 年 4 月 16 日
寸法 刃長 69.8 cm (ニ尺三寸)・ 1.0 cm ・ 3.2 cm ・ 2.3 cm ・ 4.1 cm ・ 20.5 cm
0.72 cm ・ 0.72 cm ・ 0.55 cm
717 g
睦 時代 江戸時代前期
姿 鎬造、庵棟、身幅広く、反り浅く、中鋒やや延びる。
小板目肌つみ、杢目肌交じり、地沸微塵に厚くつき、地景細かく頻りに入り、鉄明るく冴える。
刃文 腰の開いた互の目に、丁子刃交じり、足・葉よく入り、小沸深くよくつき、金筋・砂流し幾重にも頻りに掛り、匂深く、匂口明るく冴える。
帽子 のたれ込んで小丸。
生ぶ、先栗尻、鑢目浅い勝手下り、目釘孔一。
ハバキ 金着二重。
説明

三善長道の祖父、長国は、伊予松山に住し加藤嘉明に抱えられたが、寛永四年、加藤家が伊予から奥州会津に移封の際、一家を伴って移った。道長は、三善藤四郎といい、寛永十年会津に生まれ、初銘は道長、万治二年陸奥大掾を受領して、名を長道と改め、貞享二年、五十三歳で没している。別名「会津虎徹」と呼ばれるほど同時代の虎徹と姿や作風が酷似しており、長道の上作の中には、虎徹の初期作に肩を並べるほどの出来栄えの物もある。また新撰組の近藤勇が池田屋事件の功績により、会津藩主松平容保から賜った愛刀としても知られている。この刀は、身幅広く、反り浅い寛文新刀の姿で、小板目肌つみ、地沸微塵に厚く付き、地景細かく入る精良で明るく冴えた地鉄に、腰の開いた互の目に、丁子刃など交え、小沸深くよくき、金筋・砂流し幾重にも頻りに掛り、刃中良く働き、覇気溢れ、匂深く、匂口明るく冴え渡る傑作である。

三善長道  刀 特別保存刀剣
安心サービス