重要刀剣 

長船長光 刀

No.230916

第21回重要刀剣 長船長光 正応頃 乱れ映りに華やかな丁子乱れ超健全傑作刀 特別重要候補 二尺三寸五分
¥8,500,000(税込)
極め 長船長光
登録証 福島県 昭和 26 年 5 月 14 日
寸法 刃長 70.8 cm ( 二尺三寸五分)・ 1.6 cm ・ 3.0 cm ・ 2.2 cm ・ 3.9 cm ・ 18.8 cm
0.67 cm ・ 0.71 cm ・ 0.55 cm
700 g
備前 時代 鎌倉時代
姿 鎬造、庵棟、身幅広く、先幅広く、中鋒。
板目肌に、杢目肌交じり、地沸微塵に厚くつき、地景入り、乱れ映り立ち、鉄明るく冴える。
刃文 のたれて、丁子乱れに互の目交じり、蛙子調の丁子を交え、足・葉頻りに入り、匂出来、匂口明るい。
帽子 のたれ込んで小丸。
彫物 表裏に棒樋を角止め。
大磨上、先切、鑢目勝手下り、目釘孔二。
ハバキ 金着一重。
説明

長船長光は、備前長船派祖である光忠の子で二代目を継ぎ、父とならび称賛されている。景光・近景・長元など多くの弟子をもち、作風は光忠同様華やかなものから、直刃に小丁子交じる穏やかなものまであるが、技量に叢がなく出来がよい。長船長光には、国宝6口、重文28口、重美42口もの指定がある。本作は、元は83cm程の太刀で、身幅広く、先幅も広い豪壮な姿を呈し、鮮やかな乱れ映りが立つ地鉄に、丁子乱れに互の目交じり、蛙子調の丁子なども交え、華やかに乱れ、更に頗る健全な傑作である。

長船長光 刀 重要刀剣
安心サービス