特別保存刀剣

No.331261

相州住広次 室町中期明応頃 時代鮫刻鞘名作打刀拵付名品 広島大名登録 二尺二寸七分
¥1,100,000(税込)
銘表 相州住広次
登録証 広島県 昭和 26 年 6 月 5 日
寸法 刃長 68.7 cm (二尺二寸七分)・ 2.1 cm ・ 3.0 cm ・ 1.7 cm ・ 2.8 cm ・ 16.3 cm
0.52 cm ・ 0.70 cm ・ 0.40 cm
590 g
相州 時代 室町中期
姿 鎬造、庵棟、身幅広く、反り深く、先幅やや細く、中鋒。
小板目肌に、板目・流れ肌交じり、地沸微塵につき、地景細かく入り、淡く映り立つ。
刃文 直刃調に、浅くのたれて、僅かに小互の目交じり、小足・葉よく入り、小沸深くつき、金筋掛る。
帽子 直ぐに小丸。
先栗尻、鑢目勝手下り、目釘孔一。
ハバキ 金色絵一重。<

鮫刻鞘打刀拵 [江戸時代]

法量

長さ 96.8cm 反り4.7㎝

説明

鐔 鉄地桐図透

縁 銘 野本貞次 花押 赤銅魚子地稲穂図金色絵

目貫 赤銅梔子図金色絵

鮫の見事な刻鞘。この刀の生ぶ拵で、ガタ付きなくピタリと収まります。

説明

相州広次は、初代が南北朝初期建武頃といい、室町時代には伯耆・若狭・伊勢・甲斐・肥前等に分派している。明応の広次は、名を市川長兵衛といい、明応から永正にかけて活躍している。この刀は、身幅広く、反り深く、先細くなる優美な姿の打刀で、小板目肌に、板目・流れ肌交じり、淡く映り立つ地鉄に、直刃調に、小足・葉入り、小沸深くつき、金筋かかる名品である。

安心サービス