特別保存刀剣 

千手院 刀

No.358789

千手院 鎌倉初期承久頃 本阿弥日洲鞘書 金筋幾重にも頻りに掛る刃中の働き見事な優品 二尺三寸
商談中
極め 千手院
登録証 兵庫県 昭和 33 年 2 月 24 日
寸法 刃長 69.6 cm (二尺三寸)・ 1.5 cm ・ 3.0 cm ・ 1.8 cm ・ 3.1 cm ・ 21.3 cm
0.74 cm ・ 0.77 cm ・ 0.40 cm
682 g
大和 時代 鎌倉時代
姿 鎬造、庵棟、身幅広く、反り深く、腰反りつき、中鋒。
板目肌に、杢目・流れ肌交じり、地沸微塵に厚くつき、地景入り、淡く映り立つ。
刃文 直刃調に、小互の目交じり、ほつれ・打ちのけ・二十刃掛り、湯走り・飛び焼き掛り、足入り、小沸よくつき、金筋長く幾重にも頻りにかかり、匂深く、匂口明るい。
帽子 乱れ込んで小丸、先掃きかける。
大磨上、先切、鑢目不明、目釘孔三、
ハバキ 赤銅一重。
説明

千手院派は、平安時代後期に興ったとされる大和最古の流派で、大和国奈良の東大寺に隷属する僧形の承仕法師が、もっぱら東大寺の僧兵の為に鍛刀をしていた。若草山麓の千手谷に鍛冶場があり、同地に千手観音を本尊とする千手院堂があり、その名が付いたと云う。この太刀は、身幅広く、反り深く、腰反り・踏ん張りつき、先伏せごころの古雅で優美な太刀姿で、地鉄は板目肌に、杢目・流れ肌交じり、直刃調に互の目・小乱れ交じり、ほつれ・打ちのけ・二十刃頻りに掛り、湯走り・飛び焼き掛るなど変化に富み、小沸よくつき、金筋幾重にも頻りに掛るなど刃中の働き見事で、匂口明るく冴える優品である。

 千手院 刀 特別保存刀剣
安心サービス