特別保存刀剣

No.368970

刀 備前国住長船左京進康光 明応元年八月日 時代黒蝋色塗刻鞘打刀拵付 二尺三寸一分
¥1,700,000(税込)
銘表 備前国住長船左京進康光
銘裏 明応元年八月日
登録証 神奈川県 昭和 27 年 6 月 20 日
寸法 刃長 69.9 cm (二尺三寸一分)・ 1.4 cm ・ 2.9 cm ・ 1.7 cm ・ 2.7 cm ・ 17.6 cm
0.62 cm ・ 0.76 cm ・ 0.43 cm
630 g
備前 時代 室町中期
姿 鎬造、庵棟、身幅尋常、反り深く、腰反りつき、中鋒やや延びる。
小板目肌に、小杢目肌交じり、地沸微塵に厚くつき、地景細かく入り、映りたち、鉄明るい。
刃文 細直刃に、ほつれ・二十刃掛かり、小足入り、小沸つき、沸筋・金筋かかる。
帽子 直ぐに小丸、やや深く返る。
生ぶ、先栗尻、鑢目勝手下り、目釘孔一。
ハバキ ハバキは、金着二重。<

黒蝋色塗刻鞘打刀拵 [江戸時代]

法量 長さ 101.5cm   反り2.9cm

鐔 鉄地獅子噛図透金象嵌金覆輪。 

縁頭 赤銅魚子地菊に馬図金色絵。 

目貫 赤銅容彫弓図金色絵。

説明

長船康光は、兄と伝わる盛光と共に応永備前を代表する名工で、光忠-長光-景光-兼光-倫光-師光-康光と続く長船の正系である。明応の康光は、三代にあたり文安から明応にかけての年紀作がある。この刀は、小板目肌に、小杢目肌交じり、地沸が微塵に厚くつき、地景細かく入る地鉄に、映り鮮やかに立ち、細直刃に、ほつれ・二十刃かかり、小沸よくつき、沸筋・金筋掛かり、匂口締まりごころに明るく冴え、出来が良い。「左京進」の俗名と明応年紀が入る希少なもので、茎も銘の鏨枕が残るほど健全である。

安心サービス