特別保存刀剣 

藤原正良 刀

No.434967

薩州出水住藤原正良 重要候補 沸美しくつき地刃明るく冴え渡る傑作 身幅3.3cm二尺五寸四分
ご成約
銘表 薩州出水住藤原正良
登録証 鹿児島 平成 26 年 7 月 8 日
寸法 刃長 76.8 cm (二尺五寸三分)・ 0.9 cm ・ 3.3 cm ・ 2.3 cm ・ 4.2 cm ・ 21.1 cm
0.61 cm ・ 0.71 cm ・ 0.55 cm
888 g
薩摩 時代 江戸時代中期
姿 鎬造、三つ棟、身幅広く、反り浅く、中鋒延びる。
板目肌つみ、杢目肌交じり、地沸厚くつき、地景風の黒い変り鉄が盛んに入り、鉄冴える。
刃文 のたれに、互の目・小互の目・尖刃など交じり、湯走りかかり、足・葉太く入り、沸よくつき、荒目の沸を交え、砂流しかかり、匂口明るく冴える。
帽子 乱れ込んで小丸。
生ぶ、先細くなり入山形、鑢目大筋違、目釘孔一。
ハバキ 銀着一重。
説明

初代薩州正良は、名を上原十左衛門といい、薩州出水郷の武士で、初め波平安周門、のち惣左衛門正房門となり、晩年は鹿児島城下に移住したという。出水は、肥後に接する戦略上需要な地で、藩内でも最も屈強な薩摩武士が配属されていた。孫には、三代正良、後の正幸がいる。この刀は、二尺五寸四分の長さに、身幅広く、重量も900gに近い豪壮刀で、板目つみ、杢目肌が交り、地沸が厚くつき、地景風の変り鉄が頻りに入る明るく冴えた地鉄に、のたれに、互の目など交え、足太く入り、砂流しかかり、大小の沸が厚く美しくつき、薩摩新刀の特色が顕著に示されている。地刃明るく冴え渡り覇気溢れる傑作である。

薩州出水住藤原正良  刀 特別保存刀剣
安心サービス