特別保存刀剣 

長船清光 刀

No.458733

備州長船清光作 天文二年八月日 乱れ映り鮮やかに立ち地刃明るく冴える乱れ刃傑作 二尺一寸
ご成約
銘表 備州長船清光作
銘裏 天文二年八月日
登録証 京都府 昭和 26 年 7 月 4 日
寸法 刃長 63.5 cm (二尺一寸)・ 2.5 cm ・ 3.2 cm ・ 2.0 cm ・ 3.6 cm ・ 16.5 cm
0.75 cm ・ 0.88 cm ・ 0.42 cm
700 g
備州 時代 室町後期
姿 鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚く、反り深く、中鋒。
板目肌に、杢目・流れ肌交じり、地沸微塵につき、乱れ映り鮮やかに立ち、鉄明るく冴える。
刃文 互の目に、尖刃・丁子刃・片落ち風の互の目など交じり、湯走り・飛び焼き掛り、足・葉よく入り、小沸よくつき、金筋・砂流し細かく掛り、匂口明るく冴える。
帽子 乱れ込んで先尖りごころに返る。
生ぶ、先栗尻、鑢目勝手下り、目釘孔一。
ハバキ 金着一重。

黒石目地塗鞘打刀拵[江戸時代]

法量

長 98.2cm  反 5.0cm

説明

鐔 鉄地雲竜図金色絵。

縁頭 鉄地這竜図金色絵。

目貫 赤銅亀図容彫金色絵、 

説明

長船清光銘の始まりは鎌倉末期正和頃といい、室町末期まで代の継承が見られる。末備前中で、清光は直刃を得意として多くの作品を残しているが、中でも五郎左衛門尉清光と孫右衛門尉清光は上工として知られる。天文二年は、五郎左衛門尉が活躍した時期にあたる。この刀は、身幅3.2cmと広く、重ね厚く、反り深い堂々とした姿で、板目肌つみ、杢目交じり、地沸微塵につき、乱れ映り鮮やかに立ち、明るく冴えた地鉄に、互の目に、尖刃・丁子刃・片落ち風の互の目など交え、足・葉がよく入り、小沸よくつき、金筋・砂流し細かく掛り、匂口明るく冴える傑作である。天文二年には、島津義久・朝倉義景・小早川隆景らが誕生、翌三年には、織田信長が誕生している。

備州長船清光 刀 特別保存刀剣
備州長船清光 刀 特別保存刀剣
安心サービス