重要刀剣

了戒 刀

No.592261

了戒 鎌倉中期 来国行子 薫山鞘書 映り立ち金筋頻りに掛り地刃冴える傑作 二尺四寸五分五厘
¥4,700,000(税込)
極め 了戒
登録証 東京都 昭和 26 年 3 月 31 日
寸法 刃長 74.3 cm (二尺四寸五分五厘)・ 2.7 cm ・ 2.8 cm ・ 1.9 cm ・ 2.7 cm ・ 21.6 cm
0.51 cm ・ 0.61 cm ・ 0.36 cm
680 g
山城 時代 鎌倉時代
姿 鎬造、庵棟、身幅尋常、華表反り深くつき、腰反りつき、中鋒。
板目肌つみ、杢目・流れ肌交じり、地沸微塵につき、地景よく入り、映り立ち、鉄冴える。
刃文 直刃調に、小互の目交じり、小足よく入り、小沸深くよくつき、金筋頻りに掛り、匂深く、匂口明るく冴える。
帽子 のたれ込んで焼き詰める。
彫物 表裏に棒樋を角止。
大磨上、先栗尻、鑢目不明、目釘孔三中一埋。
ハバキ 金着一重。
説明

了戒は、鎌倉中期から後期にかけての来派の刀工で、名を九郎左衛門と称し、来国行の子と伝え、来国俊とは兄弟となる。現存する年紀は、正応・永仁・嘉元等で、来国俊と同世代の刀工であることが認められる。作風は、来国俊に近似しているが、白けが目立ち、刃中が潤みごころとなる特色がある。この刀は、華表反り深くつく山城の特色が表れた太刀姿で、板目肌つみ、杢目肌交じり、刃寄り柾掛り、映り立ち冴えた地鉄に、直刃調に、小互の目交じり、小足よく入り、小沸深くつき、金筋砂流し頻りに掛るなど刃中よく働き、匂口明るく冴え、潤みや白けごころも無く、来国俊とも鑑せられる出来の傑作である。

 了戒  刀 重要刀剣
安心サービス