特別保存刀剣 

尻懸 刀

No.745937

刀 尻懸 鎌倉末期 約700年前 重要候補 金無垢ハバキ 刃中の働き盛んな匂口冴える名品 二尺三寸五分
¥1,500,000(税込)
極め 尻懸
登録証 北海道 平成 2 年 7 月 18 日
寸法 刃長 71.3 cm (二尺三寸五分)・ 1.4 cm ・ 3.0 cm ・ 2.2 cm ・ 3.7 cm ・ 25.4 cm
0.50 cm ・ 0.67 cm ・ 0.46 cm
811 g
大和 時代 鎌倉時代
姿 鎬造、庵棟、身幅広く、反り深く、中鋒。
小板目肌つみ、板目肌に、杢目肌・流れ肌交じり、地沸微塵に厚くつき、地景入り、映りたつ。
刃文 直刃調に、小互の目交じり、打ちのけ・食い違い・ほつれ・二十刃など掛かり、足・葉入り、沸深くよくつき、金筋・砂流し頻りにかかり、匂口明るく冴える。
帽子 直ぐに小丸、先掃きかける。
大磨上、先切、鑢目切、目釘孔四。
ハバキ 金無垢二重(18K 37g)
説明

大和尻懸派は、鎌倉後期正応(1288年)頃の則長を祖とし、手搔派と同じく東大寺に隷属していた刀工群で、室町初期にかけて繁栄している。この刀は、反り深く、中鋒となる鎌倉末期の姿で、小板目肌つみ、板目に、杢目・流れ肌交じり、地沸微塵に厚くつき、映りたち、地景入る地鉄に、直刃調に、互の目交じり、ほつれ・食い違い・二十刃掛かり、打ちのけ頻りに掛かり、足・葉入り、沸深くよくつき、金筋砂流し頻りに掛るなど刃中の働き豊かで、匂口明るく冴える名品である。

尻懸 刀 特別保存刀剣
安心サービス