特別保存刀剣 

助包 脇差

No.245292

前田政之允助包 寛政十年二月日 地刃冴え渡る濤欄乱最高傑作 一尺六寸九分
ご成約
銘表 前田政之允助包
銘裏 寛政十年二月日
登録証 東京都 昭和 38 年 2 月 14 日
寸法 刃長 51.1 cm ( 一尺六寸九分)・ 0.9 cm ・ 3.0 cm ・ 2.1 cm ・ 3.6 cm ・ 16.2 cm
0.68 cm ・ 0.71 cm ・ 0.53 cm
488 g
摂州 時代 江戸時代後期
姿 鎬造、庵棟、身幅広く、反り尋常、中鋒やや延びる。
小板目肌つみ、地沸微塵に厚くつき、地景細かく入り、鉄冴える。
刃文 大互の目に、丁子刃交じり、玉焼き掛り、濤瀾乱れとなり、小沸深くつき、足太く入り、匂深く、匂口明るく冴える。
帽子 直ぐに小丸、深く返る。
生ぶ、先入山形、鑢目筋違化粧、目釘孔一。
ハバキ 銀着一重。

黒漆笛巻塗鞘拵[江戸時代] 

法量

長さ75.1cm   反り2.3cm

説明

鐔 鉄地金色絵、 縁頭 赤銅魚子地芦図金色絵、 目貫 赤銅山椒図、 小柄 赤銅魚子地船図、 笄 赤銅魚子地梅枝図金色絵。

説明

助包は、名を前田政之允といい、信高門で、初名を信近、のち助隆門となり、上野守を受領、師より早く寛政十年に没している。この刀は、身幅広く、反りのやや浅い姿で、小板目肌つみ、地沸びっしりと厚くつき、地景が細かく入る美しく冴えた地鉄に、玉焼き掛る角張った濤欄乱れを焼き、足・葉太く入り、沸匂深く、明るく冴え渡る。作風は、助隆のそれであり、出来栄えは師のみならず助広をも凌駕している最高傑作である。

助包 脇差 特別保存刀剣
助包 脇差 特別保存刀剣
安心サービス