特別保存刀剣 

正俊 脇差

No.263383

初代 越中守正俊 慶長頃 新刀上々作 地景煌めく美しい地鉄に金筋掛り地刃冴える健全傑作刀 一尺一寸九分
ご成約
銘表 越中守正俊
登録証 福岡県 昭和 48 年 5 月 29 日
寸法 刃長 36.2 cm (一尺一寸九分)・ 1.2 cm ・ 3.0 cm ・ 12.1 cm
0.58 cm ・ 0.63 cm
350 g
山城 時代 江戸時代前期
姿 薙刀造、庵棟、身幅広く、反り尋常。
板目肌に、流れ肌交じり、地沸微塵に厚く付き、地景よく入り、肌立ち、鉄冴える。
刃文 のたれて、互の目に、尖刃交じり、足太くよく入り、小沸つき、金筋掛り、匂口明るく冴える。
帽子 のたれ込んで小丸。
生ぶ、先栗尻、鑢目筋違、目釘孔一。
ハバキ 銀色絵二重。
説明

越中守正俊は、三品派の祖である関の兼道の四男で、文禄二年(1593年)に父と三人の兄(伊賀守金道、和泉守金道、丹波守吉道)とともに美濃から京に移住し、慶長から寛永にかけて活躍している。慶長二年に越中守を受領、一門中最も器用で作域も広く評価も高い。本作は、地沸微塵に厚く付き、黒く煌めく地景が頻りに入る冴えた地鉄に、金筋掛り、匂口明るく、板目肌流れごころとなるなど、正俊の見どころがよく表れた頗る健全な傑作である。

 初代 正俊  脇差 特別保存刀剣
安心サービス