特別保存刀剣

No.910602

脇差 荘司次郎太郎直勝 嘉永三年五月日 見事に沸付く直胤を凌駕する皆焼最高傑作 一尺一寸八分
ご成約
銘表 荘司次郎太郎直勝
銘裏 嘉永三年五月日
刃長 35.8 cm (一尺一寸八分)・ 0.5 cm ・ 3.0 cm ・ 11.6 cm
0.71 cm
337 g
武蔵 時代
姿 平造、三ツ棟、重ね厚く、身幅広く、浅く反りつく。
板目肌に、杢目肌交じり、地沸厚くつき、地景よく入り、鉄冴える。
刃文 のたれて、互の目に、丁子刃など交じり、湯走り・飛焼き頻りにかかり、足太く入り、匂深く、匂口明るい。
帽子 乱れ込んで小丸。
生ぶ、先栗尻、鑢目筋違化粧、目釘孔一。
ハバキ 金着一重。
説明

次郎太郎直勝は、上州館林藩秋元家の武士で、大慶直胤の門人となり、後に養子となった。江戸下谷に住し、はじめ上総太郎と名乗り、のちに次郎太郎と称している。父直胤が没した翌年の安政五年に他界している。直勝は、水心子一門で、直胤・正義に次ぐ実力者で、古作の景光や兼光風の作柄を示した備前伝には、直胤以上に優れたものがある。<br>

この刀は、相州伝の作風で、板目肌に、直胤のように渦巻き状の杢目が交じり、地刃共に大小の沸が見事に美しく付く究極の地鉄に、のたれに、互の目・丁子刃交じり、湯走り・飛び焼き頻りに交え、皆焼風となり、足太く入り、匂深く、匂口明るい。相州伝にもこれだけの出来のものがあるのは驚きで、師直胤以上の出来となる最高傑作で、直勝の技量の高さが伺える。

お勧め商品

安心サービス