特別保存刀剣 

兼延 脇差

No.925452

脇差 兼延 志津三郎兼氏子 金筋幾重にも掛る覇気溢れ地刃冴える大鋒最高傑作 一尺七寸
ご成約
極め 兼延
登録証 東京都 昭和 31 年 1 月 29 日
寸法 刃長 51.6 cm (一尺七寸)・ 1.8 cm ・ 3.0 cm ・ 2.4 cm ・ 5.9 cm ・ 14.2 cm
0.58 cm ・ 0.69 cm ・ 0.52 cm
495 g
美濃 時代 南北朝時代
姿 鎬造、庵棟、身幅広く、先幅広く、反り深く、大鋒。
板目肌に、杢目肌よく交じり、刃寄り流れ肌交え、地沸微塵につき、地景入り、地鉄冴える。
刃文 焼き幅大きな互の目に、湯走り・飛び焼き頻りに掛かり、足・葉よく入り、沸深くよくつき、粗めの沸を交え、金筋・沸筋・芋蔓など幾重にも頻りに掛かり、砂流し掛かり、匂深く、匂口明るく冴える。
帽子 頻りに掃きかけて返る。
彫物 表裏に棒樋を掻き流す。
大磨上、先切、鑢目勝手上り、目釘孔三内一埋。
ハバキ 銀無垢二重。
説明

兼延は、志津三郎兼氏の子と伝え、兼友・兼俊らと共に直江志津を代表する刀工で、南北朝時代貞治頃に活躍している。この刀は、身幅広く、先幅も広く、反り深く、大鋒となる典型的な南北朝時代の姿で、杢目よく交じる板目肌に、地沸微塵につき、地景よく入る地鉄に、焼き幅大きな互の目に、湯走り飛び焼き頻りに掛かり、華やかに乱れ、沸深くつき、粗めの沸を交え、金筋・芋蔓・沸筋幾重にも頻りにかかり、覇気溢れ、地刃明るく冴える最高傑作である。

兼延 志津三郎兼氏 脇差 特別保存刀剣
安心サービス