特別保存刀剣 

千手院 在銘 刀

No.942780

折返し銘小太刀 千手院 真□ 鎌倉前期希少名品 時代青貝微塵塗縦刻鞘拵付 一尺七寸
ご成約
銘表 真国 千手院
登録証 千葉県 昭和 60 年 12 月 12 日
寸法 刃長 51.6 cm (一尺七寸)・ 1.0 cm ・ 2.7 cm ・ 2.0 cm ・ 3.6 cm ・ 13.9 cm
0.48 cm ・ 0.68 cm ・ 0.58 cm
527 g
大和 時代 鎌倉時代
姿 鎬造、庵棟、身幅やや細く、反り浅く、中鋒。
板目肌に、杢目交じり、地沸微塵によくつき、地景入り、映りたつ。
刃文 細直刃に、僅かに小互の目交じり、ほつれ・打ちのけ・湯走り・二十刃掛り、小足入り、小沸つき、金筋・砂流し掛り。匂口明るい。
帽子 直ぐに小丸。
磨上、先切、鑢目勝手下り、目釘孔二。
ハバキ 銀着一重。

青貝微塵塗縦刻鞘拵[江戸時代]

法量

長さ  73.7cm  反り  2.2cm

 説明

鐔 銘 菊池序克 赤銅磨地秋草図金色絵。 

縁頭 赤銅波頭図金色絵。 目貫 赤銅容彫金色絵。 

鐺 赤銅麻の葉繋文金色絵。

この刀の生ぶ拵で、ガタ付きなくピタリと収まります。

説明

千手院派は、平安時代後期に興ったとされる大和最古の流派で、大和国奈良の東大寺に隷属する僧形の承仕法師が、もっぱら東大寺の僧兵の為に鍛刀をしていた。若草山麓の千手谷に鍛冶場があり、同地に千手観音を本尊とする千手院堂があり、その名が付いたと云う。大和物は、法師が寺の為に作刀したので在銘が非常に少なく、本刀のような銘のあるものは大変貴小である。下の文字が判読できないが、名鑑によると鎌倉前期に真家、真助などがいる。この刀は、元々62cm程の小太刀で、板目肌に杢目交じり、地景入り映りたつ地鉄に、細直刃に、ほつれ・打ちのけ・湯走り・二十刃かかり、小足入り、小沸付き、金筋かかり、匂口明るく冴える優品である。

千手院 在銘 刀 特別保存刀剣
千手院 在銘 刀 特別保存刀剣
安心サービス