特別保存刀装具

長州鐔 銘 職幹

No.475239

銘 長州萩住職幹作 宮中人風景図
¥200,000(税込)
銘表 長州萩住職幹作
法量
長州
時代 江戸時代後期
説明

丸形 鉄地 鋤出彫 象嵌 打返耳

職幹(つねみき)は江戸時代後期の糸賀氏の鐔工。

長州は、東の水戸と並んで金工の数が多く鍔も量産された。

長州鍔工の代表には中井善助友垣、河治権之友周、岡田宣政などがいる。

武州伊藤派との技術や人事の交流が見られ、作風は、鉄地、丸形、両櫃孔、肉彫透、または鋤出彫。

長州萩住職幹作 宮中人風景図鍔 特別保存刀装具
安心サービス