保存刀装具 

庄内鍔

No.690370

庄内 笹図鍔
¥150,000(税込)
極め 庄内
法量 7.8 cm ・ 39.0 cm ・ 145.3 g
出羽
時代
説明

竪丸形 鉄剥目模様地 鋤出彫 象嵌色絵 象嵌 角耳小肉

中心孔竪   2.47cm   中心孔横   0.83cm

庄内は現在の山形県鶴岡市、酒田市あたりの地名で鶴岡市は庄内藩酒井家の城下町として栄えた。金工は鷲田家、渡辺家、桂野家、鈴木家、初期には、正阿弥奈良も系統があり、江戸時代中期に土屋安親など多くの金工、鐔工が活躍したところである。

庄内 笹図鍔/鐔 保存刀装具
安心サービス